新潟大学脳研究所 脳神経外科教室

  • HOME
  • 教室のご紹介
  • 一般の方へ
  • 研修のご案内
  • 学会・セミナーのご案内
  • 同門会員専用
  • 関連病院リンク
HOME 教室のご紹介 教授あいさつ

教室のご紹介 -教室からのご紹介・スタッフなど-

ご挨拶

新潟大学脳研究所脳神経外科分野 教授
新潟大学医歯学総合病院脳神経外科 科長

藤井幸彦

新潟大学脳神経外科学教室(新潟大学脳研究所脳神経外科学分野・新潟大学医歯学総合病院脳神経外科)を代表して、皆様にご挨拶を申し上げます。

新潟大学脳神経外科学教室は、現在、新潟大学脳研究所に主体をおき、診療部門を新潟大学医歯学総合病院に持ち、伝統と最先端、そして基礎と臨床の一体化した環境に存在しております。その環境は、長い歴史のもとに育まれました。

新潟医科大学(後の新潟大学医学部)外科学教室の中田瑞穂教授が脳神経外科の研究・治療を推進され、昭和23(1948)年に、新潟医科大学第1講義室で第1回脳・神経外科研究会を開催するに到りました。これが、今の日本脳神経外科学会の第1回学術集会になりました。

昭和28(1953)年に、脳神経外科を専門とする我が国最初の独立した講座として、第二外科学教室の設置が認可され、中田教授が初代教授に就任されました。ここに当教室の歴史が始まります。

昭和31(1956)年には中田教授が退官され、植木幸明助教授が第2代教授に就任されました。日本の脳神経外科草創期における活発な臨床医学と基礎医学との連携研究の実績が評価され、臨床に重点をおいた脳の研究施設として、昭和32(1957)年に新潟大学医学部附属「脳外科研究施設」の設置が認可され、初代施設長に、中田名誉教授が就任しました。これが、現在の「脳研究所」の前身であります。

昭和37(1962)年に第二外科学教室全体が脳外科研究施設の中に移り、脳神経外科学部門が設置されました。当教室の運営の原型がここに始まります。

昭和42(1967)年に、「脳および脳疾患に関する学理およびその応用の研究」を目的とした、わが国で最初の脳・神経に関する国立大学附置研究所として、新潟大学脳研究所が設置され、組織内に脳疾患を対象とした臨床2科(神経内科・脳神経外科)を内在する我が国唯一の研究所として出発しました。

昭和55(1980)年に田中隆一助教授が第3代教授に就任されました。田中教授が脳研究所長を努めていた平成8年(1996年)には、中田 力教授がカリフォルニア大学から脳研究所に赴任され、日本で初めて導入された3テスラMRIを駆使した非侵襲的方法論によるヒト高次脳機能の研究に着手・発展させ、その研究成果により、平成14(2002)年に、ヒト用7テスラMRIをはじめとした最新・最先端の施設・設備を装備した統合脳機能研究センター(文部科学省COE)を設置されました。

中田瑞穂教授が礎を作られ、植木幸明教授が育み、田中隆一教授が発展させて来られた、日本で最も長い歴史のある脳神経外科教室を、平成18(2006)年に小生が担当させた頂くことになりました。

教室は、正に基礎と臨床が一体化し、伝統と最先端に支えられた環境にあり、長い歴史の中で育まれた豊富な人材と、その先達が作られた数多くの施設にも恵まれた環境にあります。そんな環境の中に、毎年新たな力、すなわち脳神経外科の臨床・研究に情熱を持った数多くの若者が加わっております。

このような基礎と臨床、伝統と最先端、そして人間と組織を有機的に融合させ、診療、研究、教育に活かし、希望に満ちた全く新しい次元の脳神経外科を皆で作り、世界に発信するという夢を実現させたいと思っております。